FC2ブログ

クリニックインフォメーション

TCH

虫歯じゃないのに、歯がしみたり、噛むと痛かったり、特定の歯がグラグラになってきたり…そんな症状で来院される患者さんが最近、非常に多いです。夜中の『歯ぎしり』『くいしばり』により、特定の歯に過度の力が加わり、測方に揺さぶられることが原因で、上記のような症状が出てきます。人間、誰しもストレスを感じて日々生活しています『歯ぎしり、くいしばり』は、そのストレスを解消するために本能的に誰もがする行為なのです体調が良く免疫力のある時は、何とも無くても、疲れが溜まったり、体調崩して免疫力が低下したり、強いストレスを感じた時に症状として出てきます短期間で症状を繰り返したり、症状が段々強くなってくる場合には、就寝中にはめるマウスピースを作ります日中でも無意識の内に歯を接触させる癖(TCH)があると、さらに症状が出やすくなります唇を閉じただけでは、歯と歯は接触しませんが、唇を閉じると噛んでしまう癖があると、更に症状が出やすくなります頬っぺたの内側の粘膜に横すじが消えずに残っていたり舌に貝殻のように歯の跡がついていたり、歯が擦り減っていたり、歯茎が下がったり、歯の根本がえぐれてきたり、詰め物、被せ物がはずれやすかったり歯が欠けたり、割れたりしやすい方は要注意ですが、日中は自分が意識すれば解除出来ます集中して何かしている時は、10分おきに口を開いてみることでですパソコン使用中、運転中等がなりやすいですストレスは溜めないように、しっかり発散させましょう

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://hiratadental.blog106.fc2.com/tb.php/78-db7c5415
<< お待たせしました | TOP | 学校歯科保健研修会 >>