FC2ブログ

クリニックインフォメーション

研修会


2月1日(日曜)名古屋にて、GC友の会学術講演会を受講してきました。歯周病治療において、患者さんの治したいという気持ちがとても大事だということ。歯医者に『おまかせ』では治らない?初診日の説明で『患者さんの努力無くしては、治癒はありません。』と、お話させて頂きますが、改めてその重要さを学んできました。歯科疾患は、虫歯も歯周病も『生活習慣病』なので、ただ歯磨きだけ?頑張っても良くならない?食生活習慣を見直す、変えるということが非常に大事な訳です?歯磨きによる、歯茎の炎症のコントロールと、歯茎より下の歯根に付着している歯石の除去、に加えて?寝ている間の力のコントロールが歯周病治療のポイントなのです???夜中の歯ぎしり・食い縛りは、人間誰しもが本能的に行うものであって、それ自体は病気でも何でもありません。が、歯周病で骨の吸収が進んだ歯は、少しの力でも大きな影響を受けてしまう訳です。力の問題は『自己暗示』をかけることで改善することがあります。例えば『明日は、5時に起きないといけない』と思いながら寝ると?目覚まし時計が鳴る前に起きられたりしますよねそういうことですなので、自分がリラックスできる言葉を唱えてみましょう?あと、日中の『噛みしめ癖(TCH)』の解除も、必要です。自己暗示で、力のコントロールが出来ない時は、マウスピースが必要になります?

コメント

お勉強会お疲れ様でした(^^)
昼間の食いしばりは気を付けてますが
寝てからはどうなってるのでしょう
リラックスできる言葉って何が良いでしょうか?
浮かびませんね~(^^;)

若くして骨粗鬆症になった方がハイヒールだめ
転んだらダメって言われてるそうです
同じですね。。骨がもろくなってるから
衝撃に弱いって事ですね

今晩からリラックスできる言葉唱えてみます(*^^*)
金曜日はありがとうございました。

この土日と意識してみると言われていた通り、気がつくと奥歯を噛んでいるということが多いことにビックリしました。

気付いたらフゥーと力抜くようにします~(>_<)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://hiratadental.blog106.fc2.com/tb.php/315-fd8ee1ca
<< なんじゃもんじゃ | TOP | 2月の休診日 >>