FC2ブログ

クリニックインフォメーション

フッ素について

モモンガさん、いつもコメント頂きありがとうございますご質問へのお返事、遅くなり申し訳ございませんでしたm(__)m。フッ素に関しては、賛否両論様々な意見を持っておられる方がみえます。どんな物でも同じですが、適量・適濃度等を守ってこそ有益な効果を得られるわけで、薬も使い方を間違えば『毒』になるということです。薬のテレビCMで『説明書をよく読み、用法・用量を守って使用して下さい』という台詞をよく耳にしますよねフッ素(F)元素単体では存在せず、フッ化物として自然界の土中・海水・河川水・植物・動物の殆どに含まれており、飲食品の中にも含まれています。人間の身体にも、得に歯や骨などの硬い組織に多く含まれています。天然に適量のフッ化物を含んだ水を飲料水として使っていた人々には虫歯が少なかったという事実から、フッ化物の利用による虫歯予防が始まりました。海外では、水道水にフッ素を添加しているところがあったり、一般のドラッグストアで、フッ素のタブレットが売られていたりしています。現在日本で販売されている歯磨剤には殆どの物にフッ素が入っています。乳歯や生えてきたばかりの永久歯、根面が露出した部位などは虫歯になりやすく、フッ化物での予防は有効だと思います。フッ化物にも、歯磨剤を始め、液体の洗口剤、ペースト状・泡状等、形状と濃度も様々あります。写真は洗口剤です。歯磨剤で磨いた後のうがいは、軽く一回くらいにして、なるべく口腔内にフッ素がたくさん残るようにしましょうそういう意味で、最近の歯磨剤は低発泡の物が主流になってきています。

コメント

丁寧なご説明ありがとうございます
ご面倒をおかけしました(^^)

そういえば外国でフッ素入りの水道って聞いたことあります♪

お薬でも漢方でも副作用の無い薬は無いっていいますものね
使い方、飲み方を間違えれば毒ですね

今度検診にお伺いした時に歯の状態を診ていただき又ご相談させていただきます
歯磨きの後のすすぎは程々に♪ですね
了解しました(*^^*)

定期的に健診にお伺いしていれば、いきなり根本からポキッは無いですよね♪

ありがとうございました勉強になりました(*^^*)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://hiratadental.blog106.fc2.com/tb.php/264-1d1948da
<< 波切の灯台 | TOP | 9月の休診日 >>