FC2ブログ

クリニックインフォメーション

非歯原性歯痛

12月1日(日)三重県保険医協会主催の歯科学術研究会研修に参加しました非歯原性歯痛とは『歯』が原因ではない『歯痛』のことです。歯の処置で、神経を抜いたり、抜歯をしても痛みが消失しない。1.筋・筋膜性,2.神経血管性,3.心臓性,4神経障害性[①発作性:三叉神経痛②:帯状疱疹性神経痛],5上顎洞性歯痛,6突発性歯痛,7精神疾患による歯痛,8その他の疾患により生じる歯痛に分類されますそれぞれに、様々な特徴があるわけですが、その原因にたどり着くまでには結構な日数がかかることが多く長い人だと何年もかかることもあるとのことです心理社会的要因(ストレス)がある患者さんが[不安や恐怖に晒されるような状況下で歯科治療を行った時]には、痛みの神経伝達が脳で正確に解読されずに、本当は痛くないトコロが痛く感じてしまうこういう精神的なことが原因になっている場合は、抗うつ剤が有効なのですが、残念ながら『歯科』では処方することが出来ません故に、神経内科等を受診して頂きたいわけですが、その辺のことを患者さんに解りやすく説明するのは難しいこと
です

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://hiratadental.blog106.fc2.com/tb.php/173-91d92ce7
<< 12月の休診日 | TOP | 変わり種 >>